• ホーム
  • パキシルが早漏防止に効果的であるという知恵袋

パキシルが早漏防止に効果的であるという知恵袋

悲しい男性

早漏になると性行為をしても十分にパートナーを満足させることができないので、男女関係に悪影響を与えてしまうこともあるかもしれません。
ですから、早漏防止対策を考えておかないと、ますます性行為に自信を持つことができなくなってしまう可能性が出てきます。
そこで、早漏防止の知恵袋の一つとして、パキシルという薬を服用するという知恵袋があります。
どうしてパキシルという薬が早漏防止に効果的であるのかというと、パキシルという薬を服用することによって、性欲減退や射精困難などの症状を起こすことができるからであると考えられます。
これらの症状は、早漏防止にとっては効果的な症状ではありますが、通常は副作用として考えられる症状です。
ですから、パキシルという薬の副作用を逆手にとって早漏防止に用いるようになったということが言えるでしょう。
また、この薬の効果として、脳内のセロトニンという物質を増やすという効果がありますが、この効果によって、脳の興奮状態を低く抑えることができるようになりますから、すぐに興奮して射精してしまう早漏の人には効果があるということが言えるでしょう。
ただし、このような薬を服用する場合は、医師の指導の下に服用していくことが大事になってきます。
なぜならば、中には躁うつ病などの病気がある人にとっては、抗うつ薬を服用すると、病状が悪化してしまう可能性があるからです。
また、他にも何らかの精神科の疾患がある場合は、他の薬との併用となりますから、服用には慎重になる必要があります。
もしも、抗うつ薬を服用することができない場合は、他の早漏防止の知恵袋を発見して考えていくことが必要になってきます。
中には、薬を使わず自分で早漏防止のトレーニングをする方法もあります。

関連記事