• ホーム
  • 手のひらでできる早漏防止とL遺伝子とSの関係

手のひらでできる早漏防止とL遺伝子とSの関係

早漏防止策はたくさんありますので、自分が出来ることをするのが正しい方法です。
そのなかでも手のひらで行える早漏防止策があります。
男性器の刺激が強いことで知られる亀頭を手のひらでマッサージし、射精感を感じるようになったら刺激を辞めるといった方法です。
この手のひらマッサージを行うことで、脳内で興奮を抑えることができるようになり、なによりも射精を司る神経が慣れてきて、射精を食い止めようとしてくれますので、効果的なマッサージになります。
効果が出るまで時間が掛かることもありますので、気ながらに手のひらマッサージ寸止めを行い、トレーニングをしてください。
最近の研究でL遺伝子とS遺伝子という関係が深く早漏防止に関わることがわかってきました。
L遺伝子とS遺伝子は、脳内の興奮を抑える物質であるセロトニンの量に関係する遺伝子と言われています。
L遺伝子が多ければセロトニンが多くなり、S遺伝子が多くなればセロトニンの量が少なくなるという関係です。
早漏の男性は特にS遺伝子が多いと言われています。
このL遺伝子とS遺伝子の関係を良くすることで、早漏防止になることがわかっており、そのセロトニンを調節する医薬品も登場するようになりました。
その医薬品はもともと抗うつ剤として使われていた経緯があります。
抗うつ剤を服用している男性の患者さんが、いつもより射精が遅くなったという副作用の報告が多くなり、そこに着目して開発された早漏改善薬になります。
抗うつ剤になりますが、早漏防止のために工夫されていますので、多くの男性が服用できる医薬品になっています。
しかしうつ病患者さんは服用することで支障を来すこともありますので注意が必要です。

関連記事